アルガンオイルの使い方と効果(効能)について

    アルガンオイル
    アルガンオイルとはモロッコに生育するアルガンの木の実から
    わずか1%しか採取されない希少なオイルです。

    現地住民の方々はアルガンオイルを
    ヘアケア、スキンケア、炎症止め、傷薬、食用油としてつかっていたそうです。

    アルガンオイルは万能で料理にも使われているそうです。

    <スポンサードリンク>

    オリーブオイルとは違い、あっさりしていてサラダドレッシングに合うということです。
    美容という面でこれからも幅広く活躍していきそうですね。

    沢山の方々にアルガンオイルの良さを知っていただけたら良いなと思っています。

    100kgからの実から、1リットルしかとれません。
    肌の環境改善や美白に優れた効果があります。

    オリーブオイルは2~3倍以上のビタミンE、リノール酸などを含みます。

    ビタミンEとは、抗酸化力で細胞をサビさせる活性化酸素を
    除去する働きがあり老化防止や、アンチエイジング力が期待できます。

    若返りのビタミンEとも言われているそうです。
    リノール酸は、血中コレステロールを下げる効果があります。

    体内で作ることができないので、食品から摂る必要があります。
    不足してしまうと、発育不良になる可能性があるそうです。

    ・肌に自信がなくなってきた
    ・自分にあう化粧品がみつからない
    ・化粧のノリが悪く乾燥肌である
    ・しみが増えてきた
    ・小じわが増えて気になり始めた

    このようなお肌のトラブルがある方はアルガンオイルがオススメです。

    アルガンオイルの使い方

    お風呂に入るときに、湯船に数滴垂らします。
    全身の保湿ケアになります。

    頭皮全体にアルガンオイルを数滴垂らし優しくマッサージします。

    数分おいてから普段通りのシャンプーをすることで、
    頭皮環境の改善が期待できそうです。

    お風呂あがりに、
    髪の毛先や体の乾燥している部分に適量なじませます。

    お腹まわりに塗り軽くマッサージします。

    髪や顔、体にアルガンオイルをつけたら洗い流さずに残りを手に塗ります。
    そうすることで、手の乾燥を防ぐことができます。

    お肌の新陳代謝が改善し使い続けることでしみが薄くなります。

    ドライヤー前に数滴髪になじませることで、
    紫外線から髪を守り日焼けを防ぎます。

    洗顔後1~2適を素肌にそっとすりこむように浸透させます。
    蒸しタオルを置き、5~10分程待ちます。

    肌と唇のケアに繋がります。

    アルガンオイルは刺激の少ないオイルです。
    乾燥による肌のかゆみを抑えることや、アトピーにも効果があります。

    実際に使用した方の感想をまとめました。

    ・肌がしっかり潤ってい
    ・肌が柔らかくなった
    ・吹き出ものがでにくくなった
    ・毛穴が目立たなくなった
    ・くすみやざらつきがなくなった
    ・くまが薄くなった
    ・顔がスッキリした
    ・化粧のノリが良くなった

    アルガンオイルに興味がある方は、
    無印良品でお取り扱いがありますので是非ご覧くださいね。

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す