デコ上履きの材料はダイソーOK!!作り方と洗い方と禁止に注意するポイントのまとめ

    デコ上履き
    他の子とは絶対に被らないオリジナルの“デコ上履き”

    デコ上履きというのは、白い普通の上履きに自分で
    レースやリボンなどを施してオリジナルで作る上履きの事です。

    <スポンサードリンク>

    作り方や材料は様々で、個性を出したい方は必見です。
    上履きを可愛くしてあげると、お子様でしたら毎日の幼稚園生活が楽しくなりますね。

    そんな“デコ上履きについて”ご紹介していきたいと思います。
    【使える材料】
    ほとんどの材料はダイソーなどの100円均一で手に入れる事ができます。

    ①レース
    ②ボタン
    ③リボン
    ④デコパージュ
    ⑤ワッペン

    あとは、強力な布に使える接着剤などです。
    100円で手に入るのでお金もかけずに可愛くできるのが良いですね。

    【作り方】
    上履きの淵を沿うように、レースを貼り付けたり、
    ゴムの部分にボタンを縫い付けたりと作り方は様々です。

    デコパージュは貼りたい絵柄の布や紙ナプキンを切り取り、
    上履きの貼りたい部分にケマージュというのりの様な接着剤を塗ります。

    その上から先ほど切り取った絵柄を
    ケマージュを塗った部分に貼ります。

    そしてもう一度上からケマージュでコーティングして
    ドライヤーなどの冷風で乾かせば出来上がりです。

    【洗っても大丈夫】
    デコ上履きを作る際には、洗った時の事を考慮して作りましょう。
    子供でしたら、頻繁に汚れるのでその分たくさん洗う事になります。

    デコパージュのケマージュと言うノリは防水なので洗えます。
    しかし熱に弱いのであまり熱いお湯などを使用するのは避けた方が良いと思います。

    リボンやボタンも糸でしっかりと縫い付ける様にしましょう。

    【大人もデコ上履き】
    大人で上履きを使う機会と言いますと、あまり思い浮かばないと思われます。
    子供の園行事や学校行事でスリッパや上履きを履きますよね。

    大人の場合はデザインは花柄などの、少し落ち着いた物が良いと思います。
    介護施設でも入居者がデコ上履きをご自分で作って履いていられる方もいます。

    何歳になっても女性は可愛いものが大好きなんですね。

    【デコ上履き禁止】
    小学校や中学校では、規則というものがあるので親は注意しなくてはいけません。

    可愛いからと言って子供にデコ上履きを作ってあげたら、
    学校から注意されてしまい、、、

    上履きを買い直しなんて事にならないように気を付けましょう。

    自分でデコ上履きを作れる年齢の子供の場合は
    納得のいくように説明してあげたら良いと思います。

    デコ上履きを知らなかった方も、
    デコ上履きがどういう物なのかご理解していただけたでしょうか?

    意外と簡単にできるので、
    新学期などの長期休みに挑戦してみてはいかがでしょうか。

    もちろんTPOを考えて、ご使用するように気を付けてくださいね。

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す