半袖ワンピースの着こなし(春夏秋冬)とコーディネートを紹介!!

    半袖ワンピース 着こなし
    半袖ワンピースは、応用範囲の広いスタンダードアイテムでしょう。

    多くの方は、アンサンブルスーツとして購入することが多いと思いますし、
    また、この形態が一番フォーマルにも活用できます。

    かつ、別々にして着て、
    ビジネス用などにも応用範囲を広げることができるアイテムとなるでしょう。

    ジャケット+半袖ワンピースという組み合わせは、
    むしろスーツよりフォーマル感がでますし、着脱の容易な便利なアイテムです。

    <スポンサードリンク>

    また、スーツよりフェネニンな感じも演出できます。

    セットで着れば、アクセサリーなどの工夫で、結婚式に招待された時とか、
    子供さんの入学式、また、お茶会とか何かのお祝いの席にでも着用できるでしょう。

    この折には、結婚式ならば、派手目なアクセサリーやコサージュで飾るとかすれば、
    わざわざ、そのためにドレスを新調したりする必要もないかもしれません。

    半袖ワンピースは、季節によって素材も違ってくるでしょうが、
    素材を上手に選べば、スリーシーズンは使えるでしょう。

    ■春夏秋冬の着こなし
    夏場はアンサンブルにすると暑いと思いますので、
    麻系統の涼しげな揚流やコットンなどの素材にすれば、半袖ワンピースは夏でもいいですね。

    袖をレースにしたり、一部にレースをあしらったりすると清涼感とお洒落感も出ます。

    半袖ということで、袖のある分、
    ノースリーブより優雅感も演出できるでしょう。

    他のスリーシーズンでは、半袖ワンピースは大活躍します。

    • 春先までは薄手のウール。
    • 秋は幾分厚目めのウール。

    冬にはここにコートを加えます。

    コート下にジャケットを着るのはきついということでしたら、
    半袖ワンピースにカーディガンを羽織って、コートを着ればいいのです。

    それでも袖口が寒い場合は、別個アームカバーを用意して着用すれば暖かです。

    ■半袖ワンピースの色選び
    できれば無地でシンプルな色を選んでおくと、
    コーディネートの幅が広がります。

    一番ポピュラーなのは、シルバーグレー系、
    また、ブルーグレー系に押さえておいても応用範囲が拡がります。

    爽やかなグリーン系でもいいのですが、グリーン系は、
    案外コーディネートの幅ガ狭く難しいニュアンスもあります。

    単独で見ていると素敵なのですが、
    コーディネートを含めると、案外色を選びます。

    また、ベージュ系もいいのですが、ちょっと年配者っぽくなり、
    平凡すぎるきらいもあるかもしれません。

    シルバーグレー系にしておくと、
    挿し色で合わない色というのがありません。

    2015年の人気カラーは、少し茶色かかったワイン色の「マルサラ」ですが、
    これを単独で使用すると冒険心がいるということならば、挿し色で使用しましょう。

    スカーフやベルト、かばんなどの小物でも使えます。

    「マルサラ」色のネックレスを首にぐるぐる巻きにするというのも、
    ユニークでいいですね。

    これ以外にも、挿し色としては、
    黒や白のモノトーンの組み合わせ、また赤も映えます。

    赤とシルバーグレーという組み合わせも粋な配色です。

    他には、ぺリシャンブルー、トルコブルーでも合いますし、
    紫なら数段上の挿し色コーディネートが実現できます。

    ■ジャッケットとの組み合わせ
    半袖ワンピースはジャケットと組み合わせると
    着こなしの幅はぐーんと広がります。

    例えば、黒のジャケット、白のジャケット、ブルーグレーなどのジャケットは、
    シルバーグレーの半袖ワンピースにぴったりコーディネートして、ビジネスシーンに使えます。

    黒白の市松模様のジャケットでもよさそうですね。

    藤色系のジャケットも、淡い色でしたら仕事着として大丈夫でしょう。

    これをカーディガンに応用し、挿し色の小物を変えていくことで、
    どれだけのコーディネートが可能となるでしょうか。

    ■最後に、、、
    半袖ワンピースは一着持っていると、
    コーディネートの幅が広がる魔法のようなアイテムです。

    正式に使えるのも嬉しいことです。

    あなたも、ぜひ、この半袖ワンピースを服装計画に取り入れ、
    2015年人気のカラー「マルサラ」も、挿し色などで冒険してみてくださいね。

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す