タイヤ交換に必要なインパクトドライバーの使い方。おすすめ選び方とは

    インパクトドライバー 使い方 選び方
    巷でDIYが流行りだして最近ではごく普通にショップやネットなどで、
    その専門の道具が入手しやすくなっていますね。

    身近な趣味などとして愛好者も多くなってきましたが、
    反面これから何かを始めるに当たって先ず戸惑うのがそのアイテム選びではないでしょうか。

    中でも専門的な知識、取り分け『機械』に関しては初心者だと
    躊躇したり迷ったどこか『恐い』なんて思い尻込みしがちです。。。

    今回はそんな電動工具、DIYにも欠かせない『インパクトドライバー』の基礎的な
    事を少しだけ書いてみようと思います。

    <スポンサードリンク>

    インパクトドライバーって?

    『インパクトドライバー』とは工事現場やDIYに欠かせない電動工具のひとつです。

    『インパクトドライバー』はその名の通りに内蔵されているハンマーで
    回転方向に対して打撃(インパクト)を加え効率よく作業をしていくアイテムとなります。

    工事現場などプロの職人さん達には欠かせない道具であり、
    ウッドデッキなど大掛かりな作製を始めとするDIYにも大変重宝する工具です。

    よく使われている電動工具の『ドリルドライバー』との大きな違いは
    回転方向に打撃を与えながら強力に締め付けることです。

    ドリルドライバーでは捩じ込めないネジも打撃力をもって回すことが
    可能になる事が大きな特徴のひとつです。

    また、締め付け以外にも穴あけも出来る正転・逆転切り替えの
    スイッチも付いていてビスを緩める時にも使えます。

    インパクトドライバーの用途

    そもそも『インパクトダライバー』なるものは、
    いつ・どんな時に・どう言った場面で使うのか?そこが肝心ですよね。

    『インパクトドライバー』は先端の※ビッド等を
    交換することによって幅広い作業が行えます。

    ※ビッド=先端工具のこと。交換・取り付けをして使用する工具本体のツール・パーツ

    用途としては次のような作業が行えます。

    ・ネジ締め=ドライバビッドを装着してネジ締めが行えます。
    プラス・マイナス・六角・四角のびビッドがあって先端のサイズにも種類があります。

    ・穴あけ=ドリルビッドを装着して穴あけの作業が行えます。
    ドリルには金属製や木工製などがあって加工過程でビッドを選んで使用します。

    ・ボルト締め=ボクッスレンチビッドを装着してボルトを締めたり取り外しを行えます。
    ただし締め付けトルクの調節機能がないためボルトやビスの締めすぎには注意が必要です。

    車のホイールにあるナット等はトルクの数値が高い『高性能なインパクトドライバー』を選ぶか
    『インパクトレンチ』の方が締め付けトルクがあるのでパワーを必要とする作業には『インパクトレンチ』を推奨します。

    車のタイヤ交換は出来る?=タイヤ交換で使用する場合は
    相当に強い『インパクトレンチ』か専用の工具を使う事をお勧めします。

    インパクトドライバーの基本的な使い方

    ① しっかりと押さえ機械本体がブレないように固定する。
    ② 打つ面に対してビッド(先端)が垂直になるようにします。
    ③ ビス打ちはした穴を開けてから作業をします。

    この3つのポイントを押さえて正しく行うと施工が綺麗にできます。

    長所と短縮・気を付ける事
    道具を効率的に、かつ安全に使用するには
    その特徴である長所や短所を知っておく事も大切です。

    『インパクトドライバー』の長所は前記にも述べたように、
    耐久性・パワー・強度のあるものに対してのタフな性能です。

    強度のある素材の穴あけ・ネジ締めにはしっかりと対応できます。

    更に『インパクトドライバー』にはLEDライトを標準装備したものが
    多く暗くなってきてからの作業がやりやすいので重宝します。

    反対に短所…正確に言うと不向き、注意が必要な事はその使用の際の音です。

    普通に電動工具を使用する際も音は大き目ですが、この『インパクトドライバー』はその名の通りインパクト、
    打撃が加わることでかなり大きな音がしますので、、、

    マンション等では特に取り扱いに細心の注意が必要となるでしょう。

    どうしても使用を必要とする場合は周囲に声をかけて予め何らかの心配りをしたり、
    音の静かな機種(ソフトインパクトドライバー)の使用をお勧めします。

    騒音問題でご近所トラブルは避けたいものです。

    またパワーがあるため弱い素材のネジ締め等、繊細な作業にも不向きです。

    プラスチック・薄木材・劣化したネジなどは打撃が加わって素材が壊れたり、
    ネジがなめる(ネジの溝が潰れたり)事になるので気を付けましょう。

    インパクトドライバーの選び方と種類

    選び方 
      
    ①用途から選ぶ。
    ②締め付けトルクから選ぶ。
    ③サイズやモードから選ぶ。
    ④充電式・コード式から選ぶ。

    種 類 

    ①『シンプルなインパクトドライバー』は現在1番人気のある機種です。
    商品にもよりますが大凡、最大締付トルクは充電式で170N.mくらい。

    ②『4モードインパクトドライバー』は4つのモード切り替えが出来る機種です。
    商品にもよりますが大凡、最大締付トルクは充電式で150N.mくらい。
    ・回転+打撃=ビスやボルトの締め付けに使用する。
    ・回転+振動=コンクリートの穴あけ作業に使用する。
    ・回転のみ =小径の鉄工・木工の穴あけ作業に使用する。
    ・回転+電子クラッチ=繊細なネジ締め作業に使用する。

    ③『アングルインパクトドライバー』は名前の通り先端が折れ曲がって下を向いてるドライバーで狭い箇所でのネジ締めに有効。
    商品にもよりますが大凡、最大締付トルクは充電式で60N.mくらい。

    ④『ソフトインパクトドライバー』は低騒音で静か目の機種です。音が気になったりする住宅密集地やマンションなどで作業する場合に適しています。
    商品にもよりますが大凡、最大締付トルクは充電式で60N.mくらい。

    ⑤『ペンインパクトドライバー』は名称の通りペンのように細くて軽量の機種となります。その軽さを活かしたDIYなどの作業に適しています。
    商品にもよりますが大凡、最大締付トルクは充電式で22N.mくらい。

    電源(動力)の種類とブラシレスモーター

    電動工具に不可欠なのが電力源です。
    AC電源(コード式)とバッテリー(充電式)に分けられます。

    現在は充電式インパクトドライバーの性能の向上から使い勝手のよい充電式が
    主流のようですが、連続的な作業を行うハードな場合はコード式がよいでしょう。

    またバッテリー式は充電切れを考えて予めバッテリーの
    ストックを持っている方が何かにつけ便利です。

    セット物も多くありますから購入の際はセットの内容を
    確かめ予備のバッテリーがあるものを選ぶといいですね。

    また『充電式インパクトドライバー』は18Vと14.5Vが主流で
    電池の内容はアンペアの数字が大きいほど容量も大きくなる傾向にあります。

    【ブラシレスモーター】
    消耗品のカーボンブラシがない為、メンテナンスフリーの『インパクトドライバー』です。

    最新のモーターで小型化・高出力・高耐久化している商品もあるので
    インパクトドライバーならお手入れ要らずのブラシレスもお試してみる価値はあります。

    おすすめの主な電動工具メーカー

    マキタ=電動工具、木工機械、空気動工具、家庭用・園芸用機器などを
    販売している日本を代表する電動工具メーカーです。

    その品質と信頼性は群を抜いておりDIYユーザーであるアマチュアから
    プロの職人まで幅広く愛用され、どちらも安心して購入できるシリーズとなっています。

    ・日立工機(HITACI)=マキタと並ぶ電動工具メーカーの
    老舗で日本を代表する日立グループの電動工具メーカーです。

    リチウムイオン電池を使用したコードレス電動ドライバーやインパクトドライバー・ドリル・グラインダーなど1000種を超え
    る電動器具を取り揃え、特に業務用に力を入れているがDIYユーザーに向けた電動ドライバーなども数多く揃えている。

    ・BLACK&DECKER(ブラック&デッカー)=アメリカの電動工具を販売するメーカーであり電動工具を扱うメーカーとしては世界最大の企業。
    電動ドライバー・ノコギリ・クリーナー・サンダー・レーザーレベラーなど様々な電動工具を製造・販売している。
    日本ではホームセンターやネットショップでDIY向けの製品を販売、手軽な価格設定でDIYユーザーに人気が高い。

    ・パナソニック(旧松下)電工=パナソニック電工の電動工具はプロシリーズの技術を
    フィードバックさせながら低価格にDIY用製品を販売しているのでDIY初心者には最適のシリーズとなっている。

    ・BOSCH(ボッシュ)=ドイツにある世界的な電動工具メーカーで、海外メーカゆえに日本とり
    わけ地方では取扱い店舗が閣内メーカーに比べ少ないが『使いやすさ』と『安全性』を第一に考えられた製品造りには愛好者が多く、その性能と品質には高い評価を受けている。

    電動工具においての世界初のリチウムイオンバッテリー工具を開発した実績があり小型リチウムイオンのバッテリーや充電器の性能は信頼性◎です。

    初心者向けインパクトドライバー

    *マキタ 充電式ペンインパクトドライバー(標準小売価格/19,500円税抜き)
    7.2Ⅴ/リチウムイオン1.0Ah/最大トルク22N.m/質量0.54㎏/寸法227×42×114㎜/打撃数0~3000
    ・無段変速・正逆転機能・スイッチ連動LEDライト・手締め機能・ブレーキ
    バッテリー、充電器、アルミケース付/プラスビッド2本、内部小物ケース付

    *日立工機 7.2Vコードレスインパクトドライバー(希望小売価格/19,500円税抜き)
    7.2V/リチウムイオン電池1.5Ah/最大トルク25N.m/質量0.58㎏/打撃数0~3000
    ・安心の電子多重保護回路(日立独自)内蔵で安全性の確保と電池充電回数の長寿命化の実現・手締め機能
    急速充電器、電池カバー、NO2プラスドライバビッド、ケース付

    *パナソニック 7.2Ⅴ充電マルチインパクトドライバー(希望小売価格/32,800円税抜き)
    7.2V/リチウムイオン電池/最大トルク/インパクトモード22N.m/ドリルモード3N.m/質量0.80㎏/寸法186×204×48㎜/打撃数0~3000
    ・5段ドリルドライバーモード・手締め機能・ブレーキ・LEDライト・クラッチ手動トルクドリルモード5段切り替え・インパクト・クラッチワンタッチ切替
    電池パック、充電器、プラスチックケース付

    *ブラック&デッカー 10.8Ⅴコードレスインパクトドライバー
    10.8Ⅴ/リチウムイオン電池/最大トルク107N.m/質量1.06㎏/寸法160×52×184㎜打撃数0~2500
    ・家庭での最軽量・LEDライト
    充電池×2個、2プラス両頭ビッド、ベルトフック、プラスチック製ツールBOX、30分急速充電器付

    *ボッシュ バッテリーインパクトドライバー(価格/28,500円税抜き)
    10.8Ⅴ/リチウムイオンバッテリー1.3Ah/最大トルク105N.m/質量0.96㎏/打撃数0~3100
    ・クラス最少コンパクトヘッド137㎜・3灯式LEDライト・電子無段変速・正逆転機能・バッテリーを守るECP(特許取得)
    バッテリー工具付

    ※価格は各ホームページに記載されていた(一部不明のものあり)ものを掲載してあります。
    ネットなどでの販売価格はそれよりも安価なものもありますのでご了承願います。

    道具を長く使うためには

    最後に道具を長く使うためのコツですが、最大締付トルクはあくまで『最大』の出力であって、
    それを最大で使い続けることがいいと言う事ではありません。

    当然ながら常に最大限の力を出していれば機能の低下や
    消耗も早く機械の寿命も短くなってしまいます。

    長く大切に使うには、その機種の最大出力の5~8くらいで使用し
    て最大トルクでの使用は極力避け余裕をもった作業をする事が大切です。

    ※【(最大)締め付けトルクとは】
    ボルト・ナットの間に部材を挟み込み仮締めから完了まで締め付ける際に回すための力が
    必要になる事を『トルク』といい、その時に必要な力を『締め付けトルク』と言います。

    『インパクトドライバー』について少しはご理解頂けましたでしょうか?

    機械、工具は確かに使うには勇気がいる事もありますが、使い方や特徴などを理解して経験を積んでいくと、
    とても便利で今まで時間のかかっていた事や出来なかった事がスムースに出来、スキルもアップしていくのではないでしょうか。

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す