<健康志向におすすめ!?>ジュースプレッソの評判と価格やレシピをまとめ

    ジュースプレッソ 評判
    ますます健康志向が高まる中、野菜のもつ本来の栄養美味しさ
    そのままジュースにするジュースプレッソが注目されています。

    それでは今話題になりつつあるジュースプレッソをご紹介していきましょう。

    ■一般的なジューサーとの違い
    今までの高速回転であったジューサーでは、
    空気がたくさん入ってしまい酸化や分離の原因になっていました。

    でも低速圧縮搾りのジュースプレッソは素材の味や香りを損なうことなく、
    美味しいジュースが出来るわけです。

    イメージは石臼でゆっくりと回しながら絞り出すという感じでしょうか。

    <スポンサードリンク>

    ■難しかった食材も可能に

    今までジュースにするのが難しかった、
    比較的水分が少ないキウイフルーツや桃。

    細かい粒状の大豆やコーンの水煮
    固い生姜も滑らかにすることが可能になりました。

    ■一般的な価格帯
    まだジューサーとしての価格としては安くはありません。

    ジュースを楽しめるシンプルなものが2万弱、その機能にプラスして
    アタッチメントを変えるだけで、フローズンを楽しめるもが3万弱で購入できます。

    話題性があり、健康志向の強い方にはチャレンジしてみたいお値段ですね。

    ■ジュースプレッソを使った基本的なレシピ

    ジュースにできる食材はほぼ可能です。

    野菜と組み合わせる場合には果物を入れると美味しく頂けますよ。

    例として基本的な食材の組合せを挙げていきましょう。

    ・人参1本、りんご2個
    ・小松菜1束、りんご2個
    ・パプリカ2個、りんご1個

    りんごはどんな食材にも合いやすいのでおすすめです。

    ■ワンランクUPの使い方
    ジュースプレッソはジュースにするだけでは勿体ないですよ。
    慣れてきたらスープも作ってみてはいかがでしょうか。

    小麦粉とバターを鍋で焦がさないように炒めて、
    牛乳を混ぜながら少しずつ加えていきます。

    コンソメ、塩コショウで味を整えて。

    小松菜を適当に切ってジュースにしたものを
    鍋に加えて火にかけたら出来上がりです。

    かぼちゃなども同じように作れば美味しいポタージュスープが出来ますよ。

    驚きなのが搾った後の繊維質も料理に使えること。

    カレーやピラフ、ドレッシングなど応用次第でどんどんメニューが広がります。

    繊維質にも栄養が残っていますし、
    捨てずに使えるのは経済的にもありがたいですね。

    ■最後に、、、
    心も体も綺麗に満たされるジュースプレッソはいかがでしたでしょうか。

    お値段以上に期待値が高そうです。

    料理がもっと楽しく、美味しく、
    食卓が彩りよくなること間違いなしですね。

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す