流水式米とぎ器 米こさんの口コミと使い方。販売店はカインズホームだよ。

    米こさん
    パンも美味しいけど日本人ならやっぱりごはん!

    年々、お米の消費量が下がっていると聞きます。

    白いほかほかごはんは何にでも合って、
    腹持ちが良く体に優しい主食です。

    ぜひ大切に食べ続けていきたいですよね。
    ではなぜお米人気は低下しているのでしょうか。

    どうやら「用意が面倒」という意見があるようです。

    <スポンサードリンク>

    「ネイルをしていてお米を研ぎたくない」
    「研ぎかたがわからない」
    「手荒れがいやだ」
    「冬は水が冷たい」

    そこで何か便利なものは?とホームセンターをのぞいてみると、ありました!

    流水式米とぎ器、その名も「米こさん(まいこさん)」
    さて「米こさん」とはどんなグッズなのでしょう?

    見た目は赤ちゃんが使う蓋付きマグボトルのような
    取っ手のついたコップ型。

    コップ部分には目盛りがあって
    これでお米と水の分量を量るようになっています。

    一度に計ることが出来るのはお米三合分です。
    一般的な炊飯器で炊けるお米の量と同じですね。

    まずは、コップ部分にお米を入れます。

    そして蓋をしっかり閉めたら準備OK。

    蓋には網目と網目の付いた円い穴があります。

    この穴がお米を研ぐお水を入れる注水口になります。

    円い注水口を水道の蛇口に合わせて勢いよくお水を流し込むことで、
    水流がおきてお米が研げるというわけです。

    研ぐ目安は、お水が満タンになって溢れ出し、
    コップ部分の中でお米が回転しはじめて30秒~40秒。

    もうこれでしっかり研げているので、お釜にうつしても水は白く濁りません。
    お米を研ぎ終わったら、蓋は付けたままお水をじゃーっと流すだけ。

    網目がお米をガードしてくれるのでこぼれてしまう心配はありません。
    最初にしっかりと蓋を閉めておくのがポイントです。

    かなりの時短グッズなので
    朝からお米を研ぐのが億劫ではなくなりそう。

    また、仕事で疲れて帰宅してもこれなら
    すぐに夕食の準備に取りかかれそうです。

    育児で忙しいママや、なれない一人暮らしをスタートさせた
    新社会人のみなさんにオススメしたいキッチンツールです。

    ちなみに、あまりに便利なのでTV番組「ヒルナンデス!」のカインズホームの
    便利グッズのコーナーで紹介されたらしく、かなり話題になっているようです。

    >>楽天市場で米こさんをチェックする

    >>Amazonで米こさんをチェックする

    主な口コミを見ると、、、

    「ネイルしていてもお米が研げる」
    「手荒れでも安心」
    「簡単に研げた」
    「水が冷たい冬に重宝」

    と、冒頭のお米人気低下の原因をほぼ解決してくれそう。

    さらに!!

    「子供でも研げた」
    「手を怪我しているときに使用」

    という使い方も。

    子供でもOKということで、食育に取り入れていけば
    将来のお米人気の回復にもつながりそうですね。

    販売店はカインズホームや各ホームセンターなど。

    日本の食文化を大切にするためにも、
    ぜひ流水式米とぎ器「米こさん(まいこさん)」でおいしいごはんを食べましょう!

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す