クッキングパパで紹介された<おにぎらず>の簡単な作り方

    おにぎらず
    おにぎりならぬ、“おにぎらず”というものをご存知でしょうか?
    その名の通りにぎらないおにぎりなのです。

    おにぎらずのキットなる商品も売られています。

    レシピもたくさんあるので、今までのおにぎりのレシピに飽きたという方に
    是非おススメしたいレシピ等をご紹介していきたいと思います。

    <スポンサードリンク>

    【簡単おにぎらずキット】
    プラスチックの長方形のケースの上に海苔を置き、その上からご飯と具を乗せて、
    半分に折りたたむだけで簡単におにぎらずが作れます。

    それでけでなく、そのままおにぎらずケースになって持ち運べる便利なキットです。
    手を汚さず作れるので忙しい朝にはとても助かります。

    デザインも様々な商品が出ているので、子供から大人まで持ち歩けるのも良いですね。

    【おにぎらずのレシピ】
    今までのおにぎりには入れる事のできなかった具も入れられるのがおにぎらずの良い所です。
    スパムと薄焼き卵を挟んだり、焼肉を挟んだりとボリュームのあるレシピもたくさんあります。

    焼きそばを入れる斬新なレシピもあります。

    従来のおにぎりとは違い、
    大き目の具も入れられるので夕飯で残ってしまったから揚げ等も入れられますね。

    おにぎらず1つでボリュームがあるので、
    おかずは少なくするかいらないくらいかもしれません。

    【おにぎらずの作り方】

    ラップを広げ、海苔を敷いた上に小茶碗1杯分のご飯を正方形になるように広げます。
    ご飯の上に具を乗せて、その上からまた小茶碗1杯分のご飯で具を隠します。

    最後に海苔をかぶせてラップにつつみ、少し形を整えれば完成です。

    ラップに包んでそのまま持って行くのも良いですが、
    半分に切ると食べやすく中の具も見えるので、サンドイッチの様に見栄えも良くなります。

    見栄えを重視するならば、レタスなどを挟むと彩りも鮮やかになるのでおススメです。

    【おにぎらずの考案者はクッキングパパ?!】
    1990年代にモーニングという漫画雑誌に連載されていた「クッキングパパ」をご存知でしょうか?
    モーニングに連載されていたクッキングパパ第213話に“おにぎらず”が登場していたのです。

    単行本ですと、22巻に出ているようです。

    まさか24年も前から“おにぎらず”のレシピがあったなんて驚きです。

    クッキングパパを知らない世代でも、
    お料理が好きな方は読んでみたくなりますね。

    春夏秋冬、お弁当を持って出掛ける行事はたくさんあります。
    毎回どんなお弁当にしようか、レシピに悩んでしまいますよね。

    簡単に作れるおにぎらずキットもありますので、
    是非“おにぎらず”を作ってみてはいかがでしょうか。

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す