<簡単で美味しい>おにぎらずの作り方(レシピ)と具を紹介!?

    おにぎらず
    「おにぎらず」はお弁当の革命です!

    おにぎりとは違い、具をたくさん入れることができ食事をとる時間が短い人には最適です。
    おかずと主食が一緒にとれるサンドイッチのご飯版です。

    具はなんでも入れられます。
    おにぎらずのレシピは無限大です。

    <スポンサードリンク>

    卵焼き、ウィンナー、カニカマ、生姜焼き、
    野菜炒めなどなどお弁当のおかずをそのまま入れることができます。

    その上、従来のおにぎりの具…鮭、たらこ、梅干し、昆布などを入れることもできます。

    また、驚くべきことにカレーや煮物など、汁物も入れることができます。
    ご飯と海苔で包むことで汁が漏れることがないのです。

    これはまさしく革命的です。

    おにぎりと違って握らないので、
    ご飯にふっくらと空気が入りおいしく感じます。

    また、子どもはおにぎりだと握りしめて、
    ぐちゃぐちゃにこぼしてしまいます。

    けれども、おにぎらずだと、ぎゅっとつかむことはなく、
    こぼさず食べることができます。

    おにぎりだと、具は真ん中の方だけなので、
    ご飯だけという場所もあります。しかし。

    おにぎらずはどこから食べても具が入ってます。
    ご飯とご飯の間に具を挟み込む、、、

    まさしくご飯のサンドイッチのように作るからです。

    具も従来のおにぎりより多く入れることができるので、おいしいです。

    おにぎらずは作り方も簡単です。


    200㏄のご飯を、海苔1枚、おにぎらずの具を用意します。

    海苔の真ん中に藩領のお半を丸くのせ、その上に具をのせます。
    あとは残りのご飯をのせたらのりで包み込みます。

    しばらく置いて、海苔とご飯がなじんできたら半分に切ります。

    そうすると食欲をそそるおにぎらずのできあがりです。
    慣れてくると、おにぎりよりも簡単に作ることが出来ます。

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す