折れないシャープペンシル、テルガードは集中力を高める?Amazonの評価は?


    学生が毎日のように使うシャープペンは、

    「集中して手に力が入るほど折れてしまい集中がとぎれる」
    「芯がつまる」

    という不満の声が多くあがっていました。

    そこで、ゼブラ株式会社がこの2つの問題に注目し、
    発売したのが「折れないシャープペンシル デルガード」です。

    折れない商品は他にもありますが、「デルガード」の最大の特徴は筆圧や書く角度に合わせて
    芯をガードする構造で、集中して思わず力が入っても芯が折れないように作られています。

    <スポンサードリンク>

    具体的には、芯折れがよく起きる二つの場面を想定した構造になっています。

    一つ目は、紙面に対して垂直に強く力を入れた場合。

    力が入りすぎて紙にひっかかり折れてしまう事があります。

    「デルガード」はシャープペンの軸にスプリングを内臓して強く芯が押されてもクッションのように吸収して、芯の折れやつまりを防げるようになっています。

    二つ目は、紙面に対して斜め方向に力を入れた場合。

    強く入れなくてもよく折れるのがこの角度ですが、「デルガード」は斜めに筆圧がかかると、
    自動的に先端の金属部分が繰り出して芯をガードし折れを防ぐようになっています。

    芯の出る部分を短くするという事で芯への負担を減らすという仕組みのようです。

    また「芯がつまる」という不満に対しては、軸内部にシャープ芯を誘導する部品をつけることで、
    芯が短くなってズレて詰まることがなくなるようになっています。

    もちろん、4ノック以上では折れる場合もあるそうなので、普段使う範囲ではということのようです。
    ■アマゾンの評価レビュー

    ・このシャーペンに感動した。常識範囲内なら絶対に折れない。でも感動したのはそこではありません。芯がつまらないことがすごいうれしい
    ・先端が他のシャーペンと比べて固定されているので、まるで鉛筆で書いているよう
    ・横に近い状態で力を加えても折れることがなく、信頼性が非常に高い。本当に重宝している
    ・使ってみると確かに折れない!!とても安心して使える、私にとっては歴史的な一品となった
    ・ノック部分も金属製で高級感があり、色合いなどもとても気に入った

    など筆圧が強くても折れない濃く書けるという点やシンプルなデザインや豊富なカラーも評価されているようです。

    また、ゼブラ社では、商品を作るだけでなく実際に
    「デルガード」を使って集中力に関する興味深い実験を行っています。

    学生の普段使いを想定して、試験のように高い集中力と筆記速度尾が要求される場面で、
    従来の商品と「デルガード」では集中力に違いが出るかどうかを、脳科学的に検証していています。

    実験参加者に、計算問題を解いてもらう間にランダムに短い雑音を聞かせて注意の散漫がどのくらいあるかを脳波で測定しているのですが、
    その結果は、「デルガード」を使用した方が注意力が散漫にならない、つまり集中力が高いというデータとなりました。

    「芯が折れてイライラする」と学生の多くが不満を持っていた事が、実際に科学的に証明されたことで、
    従来のものより、折れないシャープペンを使った方が集中しやすいという信憑性が高まった貴重な実験結果です。

    このように「折れない」シャープペンはユーザー人気が高まり、たくさんの商品が発売されています。

    その中でも今回取り上げた「デルガード」は事前アンケートで不満が多かった

    「折れる」に加え「芯がつまる」

    というユーザーの二つの不満を解消している点や研究開発を重ね実証データを紹介するなど
    ユーザー寄り添った商品開発が高い評価につながっているようです。

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す