リゾットを作るときイタリア米を洗わない理由!?レシピ(炊き方)を紹介!!

    リゾット米 洗わない理由
    日本人といえばお米を使った料理が大好きですよね!!

    たとえば、チャーハンやちらし寿司やピラフなどなど、、、
    和食、中華、洋食にはお米を使った料理がたくさんあります。

    イタリアの料理「リゾット」もお米を使った料理です。

    最近、知ったんですが料理にこだわる方はお米も変えるんだそうです。

    和食に使うお米では料理の仕上がりが違ってきます。
    リゾットをイタリヤのお米を使うと本場に近づき本格的な料理になるそうです。

    今回は、、、

    イタリア米の特徴とリゾットの作り方(レシピ)をついて紹介をします。

    家で作るときにイタリアのお米を使って本場に
    味に近づけたい方は参考にしてみてくださいね。

    ちなみに、イタリア米は洗わない方がおいしくできるそうなんですが
    その理由も書いていますよ!!

    <スポンサードリンク>

    ■イタリアお米の特徴はこれ!
    イタリアのお米は日本のお米より長細い形をして、
    お米表面にでんぷん質が多く火が通りやすい特徴があります。

    お米は洗わないで使いましょう!!
    なぜなら、お米表面にでんぷん質が多いので洗うとおいしくなくなるんです。

    イタリアのお米の特徴は水分をよく吸収しするので
    スープを吸わせるように料理で使います。

    リゾットで使う場合も洗わずに他の材料と一緒に鍋で煮込むと美味しくなります。

    煮込む間に食材のスープを吸うのでお米にも味がしみ込むからです。
    煮こむときはお米の硬さにも注意しましょうね。

    パスタにはアルデンテがあるようにお米にもアルデンテがあり
    よいリゾットのお米は芯が残っていて粘り気が少ないものが好まれるからです。

    ■本場の作り方を紹介!!

    1. リゾット米は洗わないで鍋に入れる。
    2. スープの旨味を逃さないように早い段階で鍋に入れる。
    3. リゾット米に芯が残るくらいがベストなので煮過ぎない。

    リゾット米を料理するなら
    このようなことに注意するとお米が美味しく食べられますよ。

    ■リゾット米の値段はどのくらい?
    輸入品は1kgで2,000円から3,000円で購入で
    スペインやイタリアなど国別のお米があります。

    作りたい国のリゾット米を購入すると本場の味が再現できると思います。

    国産米でリゾット用のお米を開発している農家さんがいます!
    値段は1kgで2,500円くらいから購入可能です。

    用途別のお米を開発している農家さんが
    2013年に品種登録したのが「和みリゾット」っと名前のイタリア米です。

    リゾット用に開発されたお米で他にはカレー用のお米やお寿司に合う
    お米なども開発されました。

    試験段階なので市場では見かけない国産ブランドのリゾット米で
    大規模に売り出す段階には達していないこれからのプロジェクトです。

    興味がある人は「和みリゾット」米を調べてみるのも
    いいかもしれませんね!!

    ■お米の特徴を考えたら!
    リゾットに使うなら日本米よりリゾット米です。

    スープを吸っても粘りが出ないし、
    火の通りが早く、芯を残して仕上げることができます。

    家で腕をふるったり、友達が遊びに来るから作るなどリゾットを作るなら
    購入してもいいと思います。

    お米は重いのでネットから注文すれば家まで届けてくれるので便利ですよ。

    ■最後に、、、
    リゾット作るなら専用のお米「リゾット米(イタリア米)」を使って料理をした方が
    本場の味に近づけると思います。

    ただし、イタリヤ米は洗うと表面のおいしい部分が落ちてしまうので
    洗わないように気をつけましょうね!!

    もし、外国のお米を洗わないで使うのは、、、

    って方は国内で生産されたリゾット米「和みリゾット」
    を使用してみてはいかがでしょうか?

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す