<パン好き必見!!>塩パンの作り方(レシピ)と美味しい食べ方

    塩パン 作り方
    今ブームを巻き起こしている塩パンですが、塩パンにも色々な種類があります。

    スタンダードな塩パンは、フランスパンのような噛みごたえのある生地に
    粒の大きな塩がトッピングされています。

    ほんのりとした塩味がするので肉料理や魚料理とも
    相性が良いのがポイントです。

    <スポンサードリンク>

    他には、、、

    ・ソフトなタイプの塩パン
    ・もっちりとした食感の塩パン
    ・平たい形の塩パン

    などがあります。

    ■ネットで評判の塩パン!!
    自宅で作るレシピもレシピサイトでいくつか投稿されています。

    それぞれオリジナルの塩パンが紹介されていて、
    どれも試してみたくなるようなレシピばかりです。

    塩パンの材料は、非常にシンプルなので良い粉を
    使って作ると粉の風味がより引き立ちおいしいです。

    ■ブームの火付け役は愛知のパン屋さん
    塩パンブームの火付け役となった愛媛県のパン屋さんの
    塩パンは通信販売でも購入できると紹介されていました。

    こちらの塩パンは食感にこだわりがあるようで、
    表面はパリッとしていて音がなるくらいです。

    でも中はふんわりとしていて、カリっととふわっとを一緒に楽しむことができます。

    さらに温めるとさらに風味がUPするので、
    どんな料理にも合うしハマってしまう人が多いようです。

    塩パンという商品で、中にバターが入っている
    商品を販売しているお店もあるようです。

    塩味の効いたパンにバターがじゅわっとしみこんで
    とてもおいしいと紹介されています。

    温めるとバターがさらにしみこんでとってもおいしそうです。

    ■コンビニでも販売されています。
    同じようなパンがコンビ二でも発売されていました。

    コンビ二で塩パンが発売されるということは、
    相当塩パンブームなのだろうと思います。

    コンビ二の塩パンは、塩味の効いているパンの
    真ん中にバターがしみこんでいる商品です。

    この塩パン、温めて食べるほうがおいしいです。

    そして、裏技ですが少しお砂糖をかけて焼けば、
    塩味と甘いお砂糖の味でもっとおいしく食べることができます。

    シュガーバターパンの塩味がちょっと強めな感じです。

    塩パンはとってもシンプルですが、飽きないので良いです。

    色々とトッピングされているパンや、おしゃれなパンは確かにおいしいのですが、
    毎日食べたいと思う人は少ないと思います。

    シンプルなのに飽きない、なんとなく食べたくなることがあるというようなパンが、
    やはり長く人気になるパンなのではないかと思います。

    塩パンも、きっとそんなパンの1つなのでしょう。

    地域やお店によって様々な塩パンが販売されているようなので、
    色々と食べくらべてみてお気に入りの塩パンを見つけてください。

    >>楽天市場で塩パンをチェックする

    >>Amazonで塩パンをチェックする

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す